So-net無料ブログ作成

KMCミッシングリンク [コレクション]

今回は家の者のMTBの整備となります。
工具を使わず手でチェーンを切る事ができる便利なチェーンコネクター”KMCミッシングリンク”を導入します。
PICT0444.JPG
型式はCL571Rとなります。
ピン長さ7.1mm 7/8s用です。
PICT0445.JPG
今では役目を終えたIGチェーンです、これに組み付けます。
IGチェーンは同クラスの7/8sチェーンと異なり、ピン長さが短く7.1mmとなります。
7.1mm用のCL571Rを入手しましたが、これを7.4mmに使うとトラブルが出るようです。
選定には十分注意必要です。
PICT0448.JPG
チェーンをカットします。
”KMCミッシングリンク”はピンリンクとして機能しますからピンリンクを抜き取ります。
ここがコネクトピンと違うところです。
PICT0449.JPG
PICT0450.JPG
取り外したチェーンを洗浄します。
以前は灯油を洗油としていましたが(下段)シマノHPで洗剤で洗うよう表記ありましたので、この方法で最近洗浄しています。
ただ、この方法ですとローラー内部まできれいにはならないような気がします。
綺麗にするには灯油洗浄がおすすめです。使用後の灯油は漉して再利用しています。
PICT0451.JPG
PICT0452.JPG
洗剤分を水ですすぎ、水気を取ってから水置換性のあるスプレーオイル塗布しておきます。
これで水洗浄後の錆防止となります。
チェーン汚れているみたいですが、表面処理が黒色酸化処理なのでそう見えます。
PICT0453.JPG
ピン幅改めて測定してみると、7.05mmでした。
シマノ6/7/8sチェーンのコネクトピン長さは7.1mm、HG6/7/8sチェーンのピン長さは7.4mm。
IGチェーンは性能向上のため、ピン長さも変更したのでしょうか。
PICT0455.JPG
導入完了です。
チェーンテンションにより、ピンとプレートが常にスナップするよう取付には注意が必要です。
チェーンステー上側でチェーンを繋ぎ、”KMC”のロゴが正しく読めるようにします。
この辺りは、クリップ型リンクと同じですね。
PICT0457.JPG
突然の来客。


ミニベロを入手。カスタマイズ編_1 [コレクション]

賛否両論のCALLE VTT。
私的には自転車の通信販売利用は整備/組立等、自己完結できる前提でのお話と思います。
そんなワケでカスタム素材として入手したのですが。
そんなカスタムのイメージを羅列すると。
1.ホリゾンタルフレーム
2.ロードレーサーポジション
3.鉄系素材
4.在庫部品の有効活用
5.低価格
ということになります。
さて、今回のカスタマイズは、シフター/RDの交換です。
CALLE_013.JPG
デフォルトのシフター、シマノSL-SY20A7です。
上位機種でも同じですが、シマノWレバーはリアインデックス(S.I.S)機能しかありません。
これでも不都合はないのですが、インデックス/フリクション式に交換します。
CALLE_014.JPG
はい、これです。
シマノSL-6400-7FCAI R7sインデックス/フリクション×F2/3sフリクション
20年くらい前?私が以前ロードに乗っていた頃の取り外し品なのです。
これでホイール交換の際7s以上からチョイスできます。フリクション操作となりますが。
STI組み込むのもアリでしょうか。そこまで頑張らなくてもねぇ。
CALLE_015.JPG
デフォルトのRD、シマノTX-35.
シフト関連はターニーが組み付けてあります。
これも交換します。
CALLE_016.JPG
シマノ600-Ultegra RD-6401を組み込みました。
このRDは紆余曲折がありました。
本体に比べてプーリーケージ綺麗だと思いませんか?
これは魔改造を受けてロードパーツでありながら、長らくMTBに使われていたのです。
それを今回正しい姿に戻して復活です。
ほんとミニベロは趣味性が高い。気を付けないと散財コースですね。
PICT0442.JPG
庭先のスズラン、満開です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます